山本 皓一



■性別:男
■血液型:A
■住所:板橋区
■趣味:無人島暮らし
■好きなこと:無目的な旅
■マイブーム:女房孝行

1943年香川県高松市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。
出版社の写真記者勤務を経てフリーランスのフォトジャーナリスト
海外のルポ取材が多く、アマゾン・シベリア・パタゴニアなどの「秘境シリーズ」
ソ連崩壊、湾岸・イラク戦争・南北朝鮮半島など国際事件をカバーし、国内外の新聞、
雑誌、テレビなどのメデイアで発表を続けている。近年はチベット・中国・ミャンマー
・ベトナム・韓国・北朝鮮などアジア諸国を取材。「日本の国境」シリーズでは20数年
にわたって、北方領土、尖閣諸島、竹島、沖ノ鳥島、南鳥島など全島を上陸取材。
テレビ討論やドキュメンタリーのレポーターなど。
多忙な毎日を送っているが、その合間を縫って”遊びを楽しむ”ことも。
「夢叶え隊」のテーマである『夢』は見るものではなく「追いかけて実践すること」を
老い続けたいと想っています。


主な著書に
「南米原色記行」(集英社),田中角栄全記録」(集英社),「写真追跡・知られざる板門店」(講談社)
「地球見聞録」(飛鳥新社)、「激動の世界を撮る!」(Beebooks)「来た見た撮った!北朝鮮」(集英社インターナショナル)、
「軍事同盟・日米安保条約」(クレスト社)「極東危機の最前線」(廣済堂出版)など多数。
近著に「日本人が行けない日本領土」(小学館)、「国境の島が危ない」(飛鳥新社)誰も見た事のない日本の領土DVD(宝島社)
「マイナス50℃の世界」(角川文庫)など多数。
2003年度「講談社出版文化賞写真賞」を受賞。
日本写真家協会々員  日本ペンクラブ会員 
inserted by FC2 system